私たちのお肌には、たくさんの「菌」が存在しています。

実際に目で見ることはできないのでイメージが湧きづらいかもしれませんが、今回ルルルンは、この「菌」に着目。すると、私たちのお肌を守る大切な役割が見えてきました。

皮膚常在菌とは

glucooligo_20170612_01

人の身体に存在する微生物(細菌)、常在菌。よく耳にする乳酸菌やビフィズス菌もその一種ですが、中でも、肌の上に存在している常在菌を、皮膚常在菌といいます。

この皮膚常在菌は、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌など、肌の上に約1兆個生息しているとも言われ、一般に健やかな肌作りのために必要な物質を生み出す善玉菌(美肌菌)と、有害物質を生み出す悪玉菌、ある条件でトラブルを起こす日和見菌とが、それぞれ種類ごとに密集し、縄張り(フローラといいます)を作りながら存在しています。

バリア機能を果たす善玉菌

皮膚常在菌における善玉菌は、美肌菌とも呼ばれます。

乳酸菌、ミクロコッカス、乾燥症菌、表皮ブドウ球菌などがあり、pHを弱酸性に保ったり、皮脂膜を作ったりするので、肌のバリア機能を保護するために欠くことのできない細菌とされています。

例えば、善玉菌の代表格・表皮ブドウ球菌は、皮脂をエサに生息していますが、食べた皮脂は、脂肪酸とグリセリンに分解して排出されます。脂肪酸には雑菌の増殖を抑える働きが、グリセリンにはお肌の潤いを保つ働きがあるので、表皮ブドウ球菌は、健康的な皮脂膜を形成するのに重要な役割を果たしているといえるでしょう。

皮膚常在菌のバランス

皮膚常在菌のひとつであるアクネ菌はニキビの原因として知られており、全滅させるべき!と考えがちですが、日頃は保湿能力を高めるための役割を果たしています。

また、黄色ブドウ球菌は、かゆみや炎症を引き起こす悪玉菌ですが、その数が少なければトラブルにつながることはめったにありません。有用な物質を生み出す善玉菌でさえ、その生育場所によって肌トラブルの原因となることもあるのです。

つまり、肌環境を衛生的に保つ、または美しい肌を作るためには、善玉菌を増やして悪玉菌を全滅させるというのではなく、善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスが保たれていることが重要であると考えられています。

α-オリゴグルカンで細菌フローラにアプローチ!

そのバランスが美肌を司る皮膚常在菌ですが、他の皮膚より敏感で傷つきやすい顔の皮膚は、紫外線や空気中の病原菌、メイク、洗顔といった外界からの刺激で、そのバランスが崩れやすい状態にあります。

そこでルルルンは、この皮膚常在菌に働きかける成分を探しました。

glucooligo_20170612_02

そして見つけたのが、α-オリゴグルカン。天然の糖であるスクロースおよびマルトースから得られる天然のグルコオリゴ糖です。

α-オリゴグルカンには、美肌菌だけが好むエサ・プレバイオティクスになって、善玉菌(フローラ)の発育を促進、さらに、悪玉菌(フローラ)が形成・増殖するのを阻止して、外界からの刺激のせいで乱れた皮膚常在菌のバランスを整える力があります。

バランスが整ってバリア機能を有する善玉菌が増えれば、外界の刺激からお肌が守られ、さらには皮脂膜による保湿効果も期待できます。

さらにα-オリゴグルカンには、ベータディフェンシンの産生を促進するはたらきも備わっています。ベータディフェンシンには、水や物質が細胞の隙間を透過するのを防ぐ働きがあり、元々人間のお肌に備わっているバリア機能の保護を担ってくれるのです。

α-オリゴグルカンが入っているルルルン

美肌菌のエサになって、悪玉菌フローラの形成を抑制してくれる天然由来の美容成分・α-オリゴグルカンは、新しくなったルルルン(ピンク)に配合されます。楽しみにしていてくださいね!

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード