20161227_image09

真っ赤でジューシーなフルーツ、イチゴ。

誕生日ケーキの上などで、世界中で愛されているイチゴですが、美容にとって、嬉しい栄養もたくさん備わっているんです。今回は、そんなイチゴの美容のためのヒミツについて、ご紹介します。

イチゴのヒミツ1 − 抗酸化

イチゴが赤いのは、アントシアニンという赤い色素を持つポリフェノールの一種が含まれていることによります。植物に含まれていることが多く、イチゴの他に、赤ワインに使われるブドウや、紅葉の赤、リンゴの赤も、このアントシアンの色なのです。

20161227_image10

このアントシアニンは、植物が紫外線から身を守るために生成する成分ですが、目のサプリメントにも使われるように、血管補強作用や血流促進作用があるのが特徴。お肌に塗布することで、血行不良によって起こるくすみやクマを改善する効果が期待されています。

また、アントシアニンは、活性酸素を消去する抗酸化作用も大きな特徴で、年齢肌における美容成分としても着目されています。

イチゴのヒミツ2 − 抗炎症

イチゴの表面には、つぶつぶがついています。このつぶつぶは、イチゴの本当の“実”で、この実の中に小さな種子が入っています。イチゴを食べるとプチプチとはじけるのは、この種子がつぶれる音なんですよ。

20161227_image11

そして、このつぶつぶの中の種子には、チリロサイドと呼ばれるフラボノイドが含まれています。このチリロサイドは、抗炎症作用を有しているので、表皮のバリア機能を保つのに役立つとされています。

イチゴのヒミツ3 − 透明肌

イチゴから発見されたエラグ酸というポリフェノールがあります。エラグ酸は、シミやくすみの原因となるメラニン色素を生成する酵素・チロシナーゼの働きを抑制するはらたきを有しています。お肌に塗布することで、メラニンの生成に関わる酵素を抑えることができますから、透明肌のために役立つ成分でもあるといえるんですね。

20161227_image12

このように、イチゴには、美容にも嬉しい、栄養がたっぷり含まれています。

人気の国産ブランド・とちおとめ

ルルルンのとちおとめ果実水は、イチゴの生産量日本一を誇る栃木県のとちおとめを使用しています。とちおとめとは、粒は大きめ、色は鮮やかな赤色をしていて、酸味が少なく甘みが強いのが特徴の、人気の国産ブランド。食べたことがある人も多くいらっしゃるかもしれません。

旬の真っ赤に熟れたこのとちおとめから、とちおとめの持つみずみずしさをそのまま抽出したとちおとめ果実水で、イチゴのヒミツを、お肌でぜひ、堪能してみてくださいね。

とちおとめ果実水が入っているルルルン

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード