メラニンに作用し、コラーゲンを増やす効果のあるアスコルビルグルコシド、別名ビタミンC誘導体。白のルルルンとルルルンプレシャス WHITEに使用されている万能な美容成分です。

今回はこのビタミンC誘導体についてご紹介します。

ビタミンC誘導体の美容効果

imasia_10889828_M
※イメージ

透明肌

ビタミンC誘導体の原料となるビタミンC(L-アスコルビン酸ともいいます)には、メラニンの合成を抑える作用や、いったん作られた黒色メラニンを淡色にする働きがあるため、シミを予防・改善する効果があると言われています。

コラーゲンの生成と抗酸化

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要な成分でもあるので、たるみやシワなどにも効果的だとされています。さらに、コラーゲンを破壊させる過酸化脂質が作られるのを抑えるはたらきもありますから、透明感のある素肌づくりにおすすめの成分なんですね。

ニキビケア

ビタミンCには、過剰な皮脂分泌を抑制する働きもあり、皮脂が毛穴に詰まることが原因で起きるニキビを防ぐことができます。なお、毛穴に詰まった皮脂が酸化して過酸化脂質に変わることでニキビが悪化する原因となることがありますから、上で紹介したビタミンCの過酸化脂質を抑える働きも、ニキビケアに効果的なんですよ。

ビタミンとビタミンC誘導体

そんな万能なビタミンCですが、熱や酸化にきわめて弱いために、分解や変質が起こりやすく、肌に吸収されにくいという欠点があります。

ビタミンC誘導体は、そんなビタミンCを安定化させ、肌に入りやすい形に変えたものです。

ビタミンC誘導体のはたらき

たとえば、通常のビタミンCは、水に溶けてしまう性質があるために、そのまま肌に塗っても吸収されません。そこで、このビタミンCに糖やリン酸などを結合させ、安定性を高めるのです。

このことを誘導体化といいますが、分かりやすく言うと、元気に動くビタミンCの足に、おもりをつけて動きを鈍らせるのと同時に、角質層まで浸透しやすくしてあげることです。

さらに、誘導体化したビタミンCは、お肌に浸透しやすくなるだけでなく、お肌に浸透したあと、ビタミンCに戻るという特徴もあります。おもりに使った成分は、人間の肌の中に存在するα-グルコシダーゼという酵素によって、自然と切り離され、分解されるのです。

ルルルンのビタミンC誘導体

4eab69587ff4520f6fdd11f5a343653f

ルルルンのビタミンC誘導体は、ビタミンCとデンプンを原料とした微生物由来の糖転移酵素を使って製造されています。微生物由来、つまり天然由来の酵素を使用することで、熱や金属イオンにも影響されづらい安定的な成分としてみなさんにお届けすることができます。

なお、ルルルンのスキンケアだけでなく、食事などで摂るビタミンCにも美容の効果がありますから、透明感のある素肌づくりのために、積極的に摂取してみてくださいね。

ビタミンC誘導体が入っているルルルン

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード