シートをのせるだけで保湿ができちゃうフェイスマスク。お手軽な美容法として魅力ですが、その効果を最大限に活かすための使い方があります。

今回は、フェイスマスクを研究し続けてきたルルルンがそのコツをご紹介。ぜひ、今日の夜から取り入れてみてください!

フェイスマスクのお手入れステップ

STEP1.洗顔で土台づくり

フェイスマスクの美容成分を効果的に浸透させるために、まずクレンジング&洗顔で肌を清潔にしましょう。

STEP2.フェイスマスクをのせる

シートを取り出して顔にフェイスマスクをのせて。顔にのせた時にシートがヨレたりシワになったりしていると、肌とシートの間に空間ができて美容液が浸透されにくくなってしまいます。

まず鼻からマスクを密着させ、次に目の下、目の上、口の順番で顔に合わせてフィットさせてみてください。やさしく、ふわっと顔にのせると、ヨレやシワができにくくなります。

ちなみにルルルンのフェイスマスクは、密着感のある“肌への浸透サポート層”を含む3層構造の「超極厚ふっくらシート」を採用。これによって、ヨレやシワを感じることはほとんどなく、つけ心地の良さを感じていただけます。

STEP3.じっくり浸透させる

フェイスマスクを乗せる時間は、パッケージに記載された使用時間の目安を守って。この時間を越えて使用すると乾燥を引き起こすことがあります。

ちなみにルルルンのフェイスマスクの使用時間の目安は、5〜10分。詳しくは「つけすぎると良くない?フェイマスクの待ち時間」の記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

STEP4.油分でふた

お手持ちの乳液やルルルンモイストジェルクリーム(保湿タイプ)、ルルルンプレシャス クリームなどで浸透させた成分を肌にキープするケアを忘れずに。

効果をUPさせる使いかた

Tips1.お風呂上がりに

毛穴が開き肌が柔らかくなって、血行がよくなった状態で使用すると、より美容液が浸透しやすくなります。お風呂上がりやホットタオルで温めた後に使用してみてください。

なお、入浴中やお風呂上がりの汗を拭き取らないで使用すると、角質がふやけて構造が破壊されたり、雑菌が繁殖しやすい状態になったりと、かえって逆効果になることも。お風呂から出て汗をタオルオフした後につけるのが最適です。

Tips2.フェイスマスクを手で覆う

フェイスマスクを手の平で包み込むように温めると、上のように浸透力が高まるほか、外気による乾燥を防ぐこともできます。

そのほか、使いかたのヒントについては、以下の記事でもご紹介しています。あわせてチェックして、フェイスマスクの効果を最大限に引き出してみてください!

つけすぎると良くない?フェイマスクの待ち時間
フェイスマスクは毎日してOK?使用の注意点

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

キーワードをもっと見る

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード