美容や健康のために欠かせないビタミン。ビタミンA、B、C、Eなど様々な種類があり、それぞれが美容や健康のために欠かすことができない栄養素であることは、「身体は食べ物でできている!美肌のための栄養素と食材」でもご紹介しました。

今回は、それぞれのビタミンにおける美容効果をおさらい、加えてその美容効果を最大限に発揮させるためのナノエマルジョン化についてご紹介します。

ビタミンのもつ美容効果

まず、ビタミンA、B、C、Eについて、それぞれ見てみましょう。

ビタミンA

vitamin_20170612_01

ビタミンAは、レバーやうなぎなどに含まれる脂溶性の栄養素です。皮膚や粘膜、目の健康を維持するために不可欠なビタミンとして知られており、抗酸化力を持つことでも注目されています。

特に、ビタミンAの一種であるレチノールは、お肌の表面(表皮)において、ヒアルロン酸合成を促進。さらに、お肌の奥(真皮)にある線維芽細胞では、コラーゲンの合成を促進します。

ビタミンB

vitamin_20170612_02

ビタミンBは、豚肉(ビタミンB1)納豆(ビタミンB2)卵(パントテン酸)などに含まれ、エネルギーをつくるのに欠かせない栄養素として知られています。

さらにビタミンBの前駆体(ビタミンBになる前の物質)であるパンテノールは、ビタミンCと併用することにより、ビタミンCのコラーゲン合成促進作用を増強することが報告されています。

ビタミンC

vitamin_20170612_03

ビタミンCとは、レモンやパプリカに含まれる栄養素。風邪や心疾患などへの抵抗力を強めることで知られています。

お肌への美容効果では、シミを予防・改善することで透明肌をつくるためのビタミンとして有名ですが、それだけでなく、抗酸化、過剰な皮脂分泌によるニキビの予防にも役立ちます。ビタミンCまたはビタミンC誘導体については、透明肌、たるみに!ビタミンC誘導体の仕組みと美容効果でも紹介していますから、ぜひあわせてチェックしてみてください。

ビタミンE

vitamin_20170612_04

アーモンドなどのナッツ類などに多く含まれるビタミンEは、細胞内の抗酸化物質を調節してくれる機能が報告されています。中でも抗酸化物質のひとつであるグルタチオンは、このビタミンEによって合成が促進されます。

このグルタチオンが活性酸素を消去し、表皮細胞において細胞内の抗酸化物質の産生を促進するほか、メラニン産生を抑制して、シミや色素沈着を防いでくれます。

ビタミンをナノエマルジョン化?

vitamin_20170612_05

お肌に嬉しい美容効果が満点なこれらのビタミンですが、熱や酸化にきわめて弱いために、分解や変質が起こりやすく、お肌に浸透されにくいという欠点があります。

そこで、ルルルンは、これらの4種類のビタミン、およびビタミン誘導体を、水添レシチンという、私たち人間を含む動物すべての細胞内に存在する脂質・レシチンに水素を添加した成分を用いて乳化(ナノエマルジョン化)させることにより、皮膚への浸透性を高めました。

こうしてナノエマルジョン化することで、ビタミンの美容効果を余すことなく最大限に発揮させることができるようになったのです。

ナノエマルジョン型複合ビタミンが入っているルルルン

シミや色素沈着を防ぐだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進するはたらきにより、ハリ肌・透明肌づくりに役立つ多機能なビタミンたち。

それをお肌に浸透させやすい形に変えたナノエマルジョン型複合ビタミンは、新生・白のルルルンに配合されます。ぜひ、楽しみにしていてくださいね。で、そのはたらきを、ぜひ堪能してみてください。

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード