リンゴの幹細胞から生まれたリンゴ幹細胞エキス。お肌にハリとツヤをもたらす美容成分としてルルルン ONEに配合されています。

京都大学の山中教授が作製に成功したiPS細胞がノーベル化学賞を受賞したことがありましたよね。このiPS細胞は、再生医療の応用が期待される万能細胞とも言われていますが、これも幹細胞の一種なんです。

everythingpossible130700176-copy
※イメージ

幹細胞とは?

幹細胞とは、細胞のもととなる細胞のこと。

幹細胞の特徴は2つあります。

1つ目は自分自身(幹細胞)と同じ細胞をつくりだすコピー能力。2つ目は異なる細胞、例えば肌や毛髪、神経や筋肉、臓器や血液などのあらゆる細胞ををつくりだす能力。これらの特長から、幹細胞は細胞の母親とも呼ばれています。

植物の幹細胞

幹細胞は、人間だけでなく植物にも含まれています。

たとえば、外敵からの攻撃や老化により幹や枝に傷がつくと、人間のかさぶたのようなカルスという癒傷組織ができます。そのカルスの中に幹細胞が含まれており、幹細胞の自己増殖・複製能力により、死んだ細胞を置き換え、組織を再生することができるのです。

リンゴ幹細胞エキスとは?

gf1770489874o-copy-copy
※イメージ

そんな植物の幹細胞をスキンケアに応用したのが、植物幹細胞エキス。今回ご紹介するのはリンゴの幹細胞から抽出されたリンゴ幹細胞エキスです。

ルルルンのリンゴ幹細胞エキスは、腐りにくいリンゴと言われる稀少品種・ウットウィラースパットラウバーから抽出しています。

ウットウィラースパットラウバーは、18世紀中ごろの品種改良によって開発されたリンゴで、しなびにくく長期保存しても味の劣化が少ないことで知られる当時人気の品種でした。しかし他品種の収穫量の拡大と甘みを求めた品種改良で、酸味の強かったウットウィラースパットラウバーは次第に市場から消えていったのです。

現在は世界に20本ほどしか現存していないと言われる絶滅品種となり、スイスの動植物保護団体・Prospecoa Raraによって管理・栽培され、一般には流通していません。自然保護のため大規模収穫できないこのリンゴから取れる幹細胞を、特殊技術のフィトセルテックで培養することで、希少植物の細胞を大量培養することに成功しました。

幹細胞エキスの美容効果

リンゴ幹細胞エキスは、人間のお肌の幹細胞を手助けすることをねらっています。

人間も植物も動物も同様、全ての幹細胞には、エピジェネティックファクターと呼ばれる栄養素が含まれています。エピジェネティックファクターは、幹細胞の自己増殖を促すための成分ですが、この成分をお肌から入れてあげることで、本来ある表皮幹細胞のエピジェネティックファクターのはたらきを手助けするのです。

具体的には、表皮の基底層に2〜7%存在するといわれる表皮幹細胞の寿命をのばして、肌が生まれ変わる力(ターンオーバー)を正常化させ、シミやくすみを改善する効果、壊れた組織を再生して、シワやたるみを改善する効果をねらいます。

お肌にハリ・ツヤをもたらすリンゴ幹細胞エキス。ぜひ、ルルルン ONEを使って細胞レベルで植物の力を堪能してみてくださいね。

リンゴ幹細胞エキスが入っているルルルン

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード