見た目がなんだか良くなかったり、メイクのりが悪くなったり……。「毛穴の目立ち」は、代表的な肌トラブルのひとつですが、さて、どのようにアプローチしていけばいいのでしょうか。

毛穴の種類にあわせたケアをしよう

毛穴トラブルには、開き、黒ずみ、たるみと、大きく分けて3つの種類があります。解消するのに有効な対策がそれぞれありますから、自分はどの種類か、まずは鏡で肌をじっくり観察してみましょう。

開き毛穴

まずは、ミカンの皮のようになった開き毛穴です。

原因

洗顔のしすぎやピーリング、無理に角栓を取ったりと、角質を取りすぎることによってターンオーバーの周期が短くなると、毛穴周辺にある細胞が異常を起こし毛穴がすり鉢状に陥没して広がってしまいます。なお、体質や生活習慣などで皮脂の分泌が過剰になり、皮脂の出口である毛穴が大きくなって開き毛穴を引き起こすこともあります。

有効なお手入れ

開き毛穴には、保湿が有効。ターンオーバーの周期が早まると未熟な角質が外界にさらされ、外界の刺激に対して敏感になっていますから、肌本来のバリア機能のはたらきをサポートしてくれる美容成分が含まれている化粧品を選んでみてください。

黒ずみ毛穴

ざらつきを引き起こす黒ずみ毛穴は、黒いプツプツによってイチゴ毛穴などと言われることもあります。

原因

皮脂と古い角質がまざって毛穴の出口詰まっている状態で、体質だけでなく、紫外線による色素沈着も原因のひとつとされます。肌の表面と同様、毛穴の中にもシミをつくるメラニンという物質が存在していますが、深さがある分、密集して見えてしまうんですよね。

有効なお手入れ

皮脂と角質がまざってできる黒い角栓は、石鹸では落ちづらく酵素洗顔が有効です。洗顔後は、抗酸化成分が含まれる化粧品を使ってケアしましょう。紫外線による黒ずみを解消するために美白成分の含まれたものを選ぶのもおすすめです。

たるみ毛穴

毛穴が縦長に開いてしまうたるみ毛穴。楕円毛穴や涙型毛穴とも呼ばれ、これが増えて列になるとシワとして現れてくることもあります。

原因

たるみ毛穴の原因は、まさに加齢。肌の奥にあるコラーゲンが減少して肌の弾力が低下することによって、特に頬の毛穴が重力に向かって下にゆるんで広がります。

有効なお手入れ

たるみ毛穴には、肌にハリを与える効果のある化粧品を選ぶのがおすすめ。角層を水分で満たす高保湿成分や、コラーゲンを増やすはたらきのあるビタミンC誘導体を探してみてください。

毛穴トラブルにルルルンフェイスマスクを。

ルルルンには、これらの毛穴トラブルに有効な美容成分を含むフェイスマスクもラインナップしています。

ターンオーバーの周期が早まると未熟な角質が外界にさらされることになり少しの摩擦にも敏感になっていますから、乗せておくだけでじっくりと水分をあたえてくれるフェイスマスクがぴったり! 毛穴の種類にあわせたおすすめのフェイスマスクはこちらです。

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

キーワードをもっと見る

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード