アーチチョーク葉エキスは、ルルルンプラス レモングラスに配合されている美容成分。お肌にハリやツヤをあたえる自然由来の天然エキスですが、多くのかたがお悩みの毛穴にも効果を発揮してくれます。

毛穴トラブルの種類

そもそも、毛穴トラブルには大きく3つの種類があります。

1.毛穴の開き

shutterstock_351985304

1つめは毛穴の開きです。

毛穴の開きは、皮脂の分泌が過剰になり皮脂の出口である毛穴が大きくなってしまうほかに、不全角化が原因であることも多くあります。体質や生活習慣、ピーリングなどで角質を取りすぎることによってターンオーバーの周期が早まると(不全角化)、毛穴周辺にある細胞が異常を起こし、毛穴がすり鉢状に陥没して広がってしまうのです。

2.毛穴の黒ずみ

2つめは毛穴の黒ずみです。

皮脂と角質がまざって毛穴の出口で黒っぽくつまることがあります。体質によるところが大きいのですが、紫外線による色素沈着も原因のひとつ。お肌の表面と同様、毛穴の中にもシミをつくるメラニンという物質が存在していますが、深さがある分、密集して見えてしまいます。

3.毛穴のたるみ

3つめは毛穴のたるみです。

加齢によってお肌の奥にあるコラーゲンが減少し、肌の弾力が低下することによって、特に頬の毛穴が重力に向かって下にゆるんで広がるもの。楕円毛穴や涙型毛穴とも呼ばれます。

毛穴トラブルの原因

不全角化による毛穴の開き、メラニンによる毛穴の黒ずみ、加齢による毛穴のたるみは、ストレスや炎症、紫外線などの刺激により、NF-kB(エヌエフ-カッパービー)という遺伝子に司令を出すタンパク質が過剰に作用することで起こります。

例えば、ターンオーバーの周期が早まってお肌のバリア機能が低下すると「もっと表皮を厚く!」と司令を出し、紫外線を浴びると「お肌を守るためにメラニンを作れ!」という司令を出し、コラーゲンが古くなると「新しいコラーゲンに置き換えるために分解しろ!」という司令を出します。

この司令が適切なら問題ないのですが、紫外線などの刺激が大きすぎるとNF-kBの司令が暴走して、上で紹介した3種類の毛穴トラブルへつながってしまうのです。

このように、すべての毛穴のお悩みには、NF-kBが関わっています。つまり、毛穴トラブルは、このNF-kBの暴走を抑えることができれば解消できるはず。

毛穴トラブルの時はアーチチョークの出番!

ルルルン クリームマスクに使用されているアーチチョーク葉エキスは、このNF-kBの働きを抑える効果があります。

アーチチョークって?

001_1021

アーチチョークは、フランス料理などでも使われるお野菜。

ヨーロッパの地中海沿岸やアフリカ北部に野生しており、高さは60〜200cmで、大きい葉の裏側には白色の綿毛が生えています。写真のような直径15cmほどある綺麗な紫色の花が初夏から夏にかけて咲くので、観賞用としても楽しまれているんですよ。

そしてこのアーチチョークの葉から抽出したエキスが、アーチチョーク葉エキスです。

毛穴トラブルとアーチチョーク葉エキス

アーチチョークに含まれるシナロピクリンという物質が、毛穴トラブルの原因となるNF-kBの過剰な働きを抑制してくれます。

つまり、アーチチョーク葉エキスは、毛穴のトラブルに対して、遺伝子レベルで効果を発揮してくれる天然エキスなのです!

多くの人がお悩みの毛穴トラブル。毛穴は深いですから、1日で治そうと思ってもうまくいきません。ぜひ、スキンケアケアにアーチチョーク葉エキス配合のルルルンプラス レモングラスを使って、じっくり美肌を積み重ねていきましょう。

アーチチョーク葉エキスが入っているルルルン

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

キーワードをもっと見る

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード