秋は、夏の疲れが肌ダメージとして現れる時期。気温の変化や花粉などで敏感にゆらぎがちでもあります

夏にたっぷり浴びた紫外線のダメージは、季節の変わり目であるこの時期にシミやそばかす、くすみといった肌悩みとして現れます。

さらに、紫外線は弾力を司る肌内部のコラーゲンなどを破壊する作用を持つため、たるみ、ハリのなさ、毛穴の目立ちを感じやすく。紫外線から自らを守ろうと、角層を厚くしてしまうので、これがごわつきやくすみをもたらす原因となることもあるんです。

また、気温と湿度の変化による「肌ゆらぎ」にも注目。

秋って、まだまだ夏だなあと感じる日もあれば、コートが必要なくらい冷え込むこともありますよね。昼と夜の寒暖差もあり、大きな気温の変化に肌がついていけずに、バリア機能が低下。肌が敏感な状態になったり、肌荒れを引き起こしたりしてしまいます。

冬に向かうころには気温も湿度も下がって、肌を守る皮脂も減少。血液循環も滞ってしまうため乾燥が加速していき、特に目もとや口もとなどに“かさつき”が目立ちはじめます。

紅葉の美しさに負けないとびきりの美肌を、秋のスキンケアで

そんな秋の肌ダメージのケアは、“バリア機能を正常に戻してあげる”のがポイント。健やかさを手に入れて、秋〜冬の環境変化に立ち向かいましょう。

ルルルンでは昨年ご好評いただいた「秋ルルルン」を、配合成分をリニューアルして新発売。秋の肌にぴったりな今だけのルルルンです。ぜひチェックしてみてくださいね。

イロハモミジ葉エキス

イロハモミジが紅葉の季節に真っ赤に染まるのは、葉の中で美肌成分のアントシアニンが作られるから。抗酸化、抗炎症、コラーゲン産生促進などの効果が期待され、肌荒れを防いでハリと透明感を与え、パンッと明るい印象の肌へと導きます。

ザクロ果実エキス

「女性の果実」との異名をもつ秋が旬のフルーツ、ザクロの果実から抽出したエキス。コラーゲン産生促進、抗酸化作用、水分の通り道(アクアポリン)を増やすはたらきが期待されています。

セイヨウナシ果汁発酵液

セイヨウナシ果汁を乳酸桿菌で発酵させたエキス。果糖やクエン酸、ミネラルなどを豊富に含み、ごわついた肌のターンオーバーを促進。弾力UPや肌バランスを整えるのに、効果が期待されています。

秋の肌にぴったりな美容成分が入っているルルルン

関連する記事

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード

キーワードをもっと見る

フェイスマスク研究所では、
あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、
フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、
マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、
未来を見すえた夢のマスク…。
女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

フェイスマスク研究所では、あなたの肌が本来持つ力を引き出すために、フェイスマスクについて研究を重ねています。

フェイスマスク=基礎化粧品という考えに基づき、マスクの設計、美容成分、効果的な使い方、使いやすいパッケージ、未来を見すえた夢のマスク…。女の子の本音に耳をかたむけながら、今日も開発は進みます。

PICK UP

人気エントリーランキング

人気キーワード